2017
01.31

生活習慣病を予防する方法は、喫煙者は禁煙をすることです。他には肉類中心の食事から野菜を多く食べるように変えることです。

予防について

ある程度の年齢になると、生活習慣病のことが気になります。そして、将来の医療費のことを考えると、長期入院はしたくないですし健康でいたいものです。

生活習慣病を予防すれば、病気になるリスクを抑えることができるので、できることから始めてみたいものです。

喫煙者は禁煙をする

タバコを吸うことは体に悪いことは随分と言われています。徐々に喫煙者が減ってきたのですが、まだまだ喫煙者は多いのが現状です。

タバコの何がいけないのかですが、タバコを吸っているということを簡単に説明すると、有害物質を体に入れていることになります。

有害物質を入れることが原因で、がんになる確率が禁煙者に比べて大幅に高まります。がんの他にも、高血圧を引き起こす原因がタバコを吸うことで高まります。

このように、タバコを吸ってもいいことはないので、生活習慣病の予防をしたいのならすぐにやめるべきです。なかなかタバコをやめられないという人はいますが、禁煙をサポートできる医療機関はあるので、そちらを受診してみることも禁煙をする方法になります。

野菜を食べるようにする

肉類や脂質の摂り過ぎは、血液がきれいに流れなくなり動脈硬化を引き起こす可能性が高まります。外食が中心になったり、野菜を食べる習慣がなかったりすると、どうしても肉類中心の食生活になってしまいます。

食生活を劇的に変えるのは難しいかもしれません。特に単身で暮らしている人は、家族の健康のことは考えなくていいので手軽に食べられるものを食べるようになります。

そこで、意識的に野菜を摂るようにすると生活習慣病を予防できます。野菜を多めに食べることで、お腹が膨れてきます。そして、肉類は少量でもかまわないという気持ちにもなります。

外食をするなら野菜の入っている食事を選ぶことや、家で食事をするならカット野菜を買うようにすると、手間なく野菜が食べられます。

これらの方法は、一人暮らしの方には特に有効ですので、試してみて下さい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。